Beeboxの不具合バグ初期不良まとめ —SATA3_1:Not DetectedはSATAケーブルが原因?

  1. ホーム
  2. Beebox
Beeboxの不具合バグ初期不良まとめ —SATA3_1:Not DetectedはSATAケーブルが原因?

Beebox N3000/N3150の不具合やバグ、初期不良などのまとめです。SATA3_1:Not DetectedはSATAケーブルの品質の悪さが原因なのでしょうか?

評価

2015年11月10日 付属のケーブル

付属の(※SATA)ケーブルが脆すぎます。組み立て中に断線して使えなくなりました。

2015年8月12日 用途を絞れば面白いPC

・SATAのケーブルが気になる
mSATAの他にSATAを内蔵できるのはすばらしいのですが、マザー側のコネクタから出たケーブルがけっこう折れ曲がってしまい、断線しそうで少し怖い感じがします(あとで見たら、コネクタのシールドのところが向けていました

Windows10を入れるとSMバスコントロールがエラーとなります。
これは意外とお約束的な現象のようですが、添付ディスクのIntelチップセットドライバを入れなおせば、デバイスマネージャーから!マークは消えました

2015年8月22日 2.5インチHDDは不可→改善

> 当初は、2.5インチ HDDを内蔵させようと思ったのですが、スペースはあるものの、付属されてきたケーブルがあまり良くはなく、転送エラーが発生しました。そもそも、ケーブルの取り回しも厳しいです。

これですが、その後、もう一台買ってみたら、L字型コネクタになり改善されていて、2.5インチ HDDの内臓も問題なくできるようになっていました!

2015年12月28日 チョーク鳴き

私の購入した物はなかなか耳障りなチョーク鳴きが発生します。とりあえずは部屋の隅に置いて運用します。

2016年1月1日 個体の問題とは思いますが、ひどい製品

製品を取り出してすぐ、内部からカラカラと異音。ケース内側、マザー裏側に両面テープで固定されているマザーの電池が剥がれてブラブラにいなっていたのが原因で、その時点から嫌な予感はしていました。

Windows10のクリーンインストールから使用を開始したが、複数のSSD/メモリで試すも毎回失敗。発現するエラーは都度異なり、OSインスト終了後・ドライバ更新中に突然死する場合もあればOSインストール途中でエラー終了する場合もあり、その過程でBootMgrの欠損や消失によるSSDへのダメージも度々発生。症状だけ見るとメモリが怪しいですが、メモリチェックではエラーを吐きませんしBIOSでも正常に認識していました。

今回受領した商品はBIOSバージョンが古く(1.10)、最新1.30ではメモリとの相性改善がアナウンスされていたのでBIOSアップデートを実行しましたが、USBブートでもインターネットブートでもBIOS読み込み後の書換開始時点でフリーズしてしまうため全く書き換えできず。

そうこうしているうちに電源SWが押し込まれたまま戻らなくなり、物理的に完全終了。

それ以外にも、HDD/SSDアクセスランプの類が無いため動作中なのかフリーズしているのかの判定が難しい、付属の2.5インチSSD/HDD用のケーブルは改善後のものでも取り回しに無理があり断線必至でmSATA以外での使用は勧められない、等々、なにかと問題の多い製品です。

SATAケーブルが脆い 新しいL字ケーブルに換わり、改善された 改善されたものの、依然として接続しづらい Windows10でSMバスコントローラーのエラー? チョーク鳴きの音がする 基板上のボタン電池が外れていた→フリーズなど致命的なエラーが続出? 電源ボタンを押し込んだら戻らなくなった(笑)

Amazonの評価です。いくつかの不具合バグ初期不良、の他に意味不明なものまでもが報告されていますが、ひとつひとつ照査していきましょう(笑)

SATAケーブルの品質

BeeboxのSATAケーブル

Beeboxに付属していたSATAケーブルです。L字になっているので後期改善版ですね。脆いかどうかですが、SATAケーブルは脆くありません。しかし、もう1本の電源ケーブルの方は、ちょっと貧弱ですね。

Beebox

ただし、問題はそこではありません。ケースが窮屈で、SATAケーブルを屈曲させなければ収納できないことです。それによってケーブルに張力がかかり、電源端子が浮いて外れ気味になってしまう?のではないかな、と私は分析しています。

Beebox UEFI SATA3_1:Not Detected

そのためか、UEFIのストレージの画面でSATA3_1:Not Detectedと表示され、SSDが認識されないという問題が何度かありました。しかもその状態が発生すると、2分くらいでフリーズしました。が、今はそれが無かったことであるかのように普通に起動できています。

このSATA3_1:Not Detectedの問題はASRock公式掲示板でも話し合われています。

SMバスコントローラーのエラー?

私はすぐにドライバーをインストールしましたし、そのような問題は全くありませんでした。多分、Beeboxではなく新しく発売されたWindows10がデバイスを認識できていない、と言った、発売後間もないOSによくある問題だと思います。

チョーク鳴き

私が購入したものはファン付きでしたが、空気が動く音ひとつせず、はっきり言って無音です。チョーク鳴きもありません。

基板上のボタン電池が外れていた?

おそらくこれは配送上の問題で、Beeboxの不具合ではないでしょう。いや、Made in Chinaなので、製造の段階で壊れていた可能性も否定できませんが(笑) まあ、もしこのような症状が確認できていたら、それは明らかに初期不良なので、すぐに返品しましょう。不良品を強引に使用した場合、この人のように他のPCパーツまで壊すことになりかねません。

電源ボタンを押し込んだら戻らなくなった?

Beeboxの電源ボタン

こんなことはありえません。そもそもBeeboxの電源ボタンは押し込むようなものではありません。ボタンの大きさが小さく、それ自体がくぼんでいるので、指を深く落とし込むことは難しいですし、ほんのちょっと押し下げるだけで起動できます。

おそらくこの人は、頻発するフリーズを強制終了させる時に、長時間押し込む動作を何回も行う必要があったのでしょう。しかし、普通に押す限りは何の問題もありません。

電源が入らない

ところが今朝起動を試みると、電源ボタンが光らない・・・。この記事を書いた直後だったので、「そんなバカな!」と言う話です(笑) しかし、何度も電源ボタンを押し、リモコンも使ってみましたが、うんともすんとも言ってくれません。一瞬、「オワタ・・・。」と言う言葉が頭に浮かびました。

BeeboxのACアダプター

気を取り直して冷静に考えてみると、電力そのものの問題と言えば、「そもそもコンセントから電気が流れていないんじゃないか?」と思い、そこで、ACアダプターを外し、プラグを付け直した上で挿し込みなおしてしてみると・・・。

見事に復活!UEFIで2.5インチドライブを認識しない問題も、この変わったACアダプターが原因だったんじゃないかと思いました。こういう付属品みたいなものってコスト削減の対象になりやすいんですよねぇ~。

音が出なくなった

Realtekのオーディオドライバーのバグだったのでしょうか?ある日突然、Beeboxから音が出なくなりました。しかし、ドライバーを手動でアップデートすることですぐに解消できました。

Beeboxの不具合バグ初期不良まとめとSATA3_1:Not DetectedについてはSATAケーブルが原因?でした!

Twitter Facebook LINE はてブ