USM-CA1(USM32CA1)のベンチマークテスト!速度は?レビュー感想!

  1. ホーム
  2. USM-CA1
USM-CA1(USM32CA1)のベンチマークテスト!速度は?レビュー感想!

USM-CA1(USM32CA1)のベンチマークテストをしました!のでレビューや感想を書きます。USB3.1対応で最速130MB/sの転送速度を持つこのUSBメモリー、速度はいかがなものなのでしょうか?USB Type-C/Type-Aポートそれぞれでの計測結果もあります。

※パッケージを開封した時の様子や外観などはこちらで見られます。

接続装置

USM-CA1とBeebox

USM-CA1シリーズの容量32GB品、USM32CA1です。後ろにあるのはASRock Beebox N3150です。USM-CA1シリーズはUSB3.1にまで対応していますが、USB3.0までにしか対応していないこのミニPCに接続して計測します。ベンチマークテストアプリはCrystal Disk Markです。

結果

USM-CA1のベンチマークテスト速度(Type-C)

まずはUSB Type-Cポートに接続して計測しました。速度は最速の130MB/sには達していませんが、まあまあの数値です。最新規格のSDメモリーカードにはかないませんが、ひと昔前のそれよりかは少し速いでしょうか。

USM-CA1のベンチマークテスト速度(Type-A)

今度はUSB Type-Aポートに接続して計測しましたが、Type-Cの結果と比べるとほとんど同じで、速度に違いは無いと言えそうです。

温度

いくつか気になったのは、まず、はじめのテストが終わってポートから取り外すためにUSBメモリーに触れた時に、すごく熱かったことです。冬なので部屋はエアコンの暖房をつけていましたが、それにしてもかなり熱かったです。多分、本体が小さいので、熱を逃がす能力に限界があるのでしょう。

端子が窮屈?

それからType-Cポートからなかなか取り外せずに苦労したことです。熱いのでなおさらです・・・。Beeboxの入力端子が狭いのか、USM-CA1の端子が大きいのか、そもそもType-Cポートはこういうものなのか?原因は定かではありません。

すっぽり収納できる

USM32CA1

性能とは関係ありませんが、すっぽり収納できるシリコンカバーが付いてくるのが良いです。

USM-CA1(USM32CA1)のベンチマークテストや速度についてのレビューや感想でした!

Twitter Facebook LINE はてブ