Compute Stick STK1AW32SCのベンチマークテスト!Atom x5-Z8300の性能は?旧型との比較も!

Compute Stick STK1AW32SCのベンチマークテスト!Atom x5-Z8300の性能は?旧型との比較も! Compute Stick STK1AW32SCのベンチマークテストきたー! Atom x5-Z8300の性能はどうなの? 無線LAN速くなったの? 4K再生できんの? 旧型Compute Stickとの比較は?
実際に使ってみても、今回のモデルは初代よりもたつきが少なくなっていると感じた(おそらくWindows 10と「Edge」ブラウザのおかげだろう)が、同時に複数のタスクを実行するときはやはり苦戦していた。使い始めたら後は操作の要らないタスク、たとえば「Netflix」や「YouTube」の動画ストリーミングなどは、いったんストリーミングが始まれば途切れずに動く

初代Compute Stickより動作が全体的に軽くなっているみたいで良いですね。YouTubeの動画も途切れずに見れるようになったのは進歩と言えますし。ただ、クアッドコアとは言え、マルチタスクはまだ辛い?らしいです。まあ、スティックPCでマルチタスクをしなきゃいけない場面と言うのはあまり考えられないので、多くの人にとっては問題にはならないでしょう。

3DMark Ice Stormのスコアを見ると、GPU性能は初代と比べて1.5倍くらいは上がっているようです。メモリとかはよくわかんないんですけどおおむね上がっている?んだと思います(笑) 1,333MHzから1,600MHzにメモリクロックも上がっていますし・・・。eMMCもランダム・シーケンシャルともに比較する製品によっては上がっています。

無線LANについては最高記録で300Mbps超えと言うことで、かなり速いんじゃないでしょうか?接続環境にもよると思いますが・・・。

ちなみにこのサイトはYouTubeなどの動画再生も試みているのですが、FHD(1920x1080)でCPU使用率が60%、4Kでは100%、再生は30FPSのものでも17FPS程度までフレーム落ちする、と言う結果だったそうです。4K動画の再生に期待していた人は残念でしたね・・・。でも、これは単純に4Kテレビに接続してブラウジングなどする限りは問題無いと言うことでもあります。

Compute Stick STK1AW32SCのベンチマークテストから見たAtom x5-Z8300の性能や旧型との比較でした!

Twitter Facebook LINE はてブ