Skylake-Y(Core m)のCompute Stick STK2m3W64CC/STK2mv64CC

Skylake-Y(Core m)のCompute Stick STK2m3W64CC/STK2mv64CC Skylake-Y(Core m)のCompute Stickとは? Compute Stick STK2m3W64CCはCore m3? Compute Stick STK2mv64CCはCore m5? 技術仕様を比較して性能や違いは?

これは何ですか?

Coreファミリーの低消費電力プロセッサー「Core m」を搭載したIntel社のスティックPCです。4GBのメモリー容量を備え、64bit OSに対応しています。

ちなみに画像のモデルは日本での販売が決定したSTK2m3W64CCです。

何がすごいの?

Compute Stick STK2m3W64CC/STK2mv64CCのすごいところは、まず、プロセッサーがAtomファミリーに比べてより高性能なCoreファミリーであることです。マイクロアーキテクチャは第六世代のSkylakeで、シリーズはYとなっています。

ちなみにこのSkylake-Yはキーボード切り離し可能なタブレットやスティックPC向けに高性能かつ低消費電力な製品群として造られ、Core mブランドとして出荷されています。

製品の型番が2つあるように、プロセッサーの型番も2つに分かれ、STK2m3W64CCがCore m3-6Y30で、STK2mv64CCがCore m5-6Y57となっています。前者のCore m3にものはWindows10が入っていますが、後者のCore m5のものはOSが入っていません。

その他のすごいところは、前述のように4GBのメモリー容量を備え、64bit OSに対応していることです。そのためテレビ裏に挿して大画面で映像コンテンツなどを消費する(楽しむ)だけでなく、コンテンツを生産することもできるデスクトップ向けのスティックPCと言えるでしょうか。

技術仕様

Compute Stick STK2m3W64CC
OS Windows10Home64bit
プロセッサー Core m3-6Y30
(2コア4スレッド 900MHz~2.20GHz)
メモリー 4GB LPDDR3 1866MHz
ストレージ 64GB eMMC
メモリーカード microSDXC UHS-I
映像出力 HDMI
USB USB3.0 Type-A (外部1+内部2Hub)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n/ac
2.4GHz+5.0GHz 867Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.2
冷却ファン 有り
寸法 ?
重量 ?

USBポートがMicroUSB-ACアダプターにも1ついています。つまりMicroUSBポートがデータ通信と給電の両方に対応していると言うことです。

Skylake-Y(Core m)のCompute Stick STK2m3W64CC/STK2mv64CCでした!

Twitter Facebook LINE はてブ