機能を省略して小さくなったマルチデバイスキーボード「K380(Logicool)」

  1. ホーム
  2. K380
機能を省略して小さくなったマルチデバイスキーボード「K380(Logicool)」

K480から機能を省略して小さくなったマルチデバイスBluetoothキーボード「K380(Logicool)」のご紹介です。私もK380を購入しましたので、撮影した画像や動画を見ていきましょう。

これは何ですか?何がすごいの?

K380は、接続先として予め登録しておいたPCやスマホなどの複数のデバイスとのBluetooth接続を簡単に切り替えられる、マルチデバイスBluetoothキーボードです。

同じ機能を持つ上位製品としてK480があり、これには接続先を切り替えるためのダイアルが付いている上に、タブレットスタンドとなる溝が設けられています。一方でK380は接続先の切り替えをF1~F3キーで行えるようにしつつ、K480からダイアルとスタンドを取り払って大きさを小さくしたものとなっています。

画像

K380の画像 K380

箱に印刷された写真は実寸に近いものとなっているそうです。

K380はWindows Mac iOS AppleTV Android Chrome OSに対応

接続可能なデバイスのOSとしては Windows Mac iOS AppleTV Android Chrome OS などがありますが、この他にUbuntuやFirefox OSとも接続できるのではないでしょうか。

K380のEasy-Switch

ダイアルの代わりにEasy-Switchと言う名のキーが3つ、F1~F3キーと同じ場所に備えられています。小さくなったと同時に軽くもなったので持ち運びやすくなっています。電池寿命は2年とのことですが長くて良いですね。

Logicool K380 マルチデバイスBluetoothキーボード

パカッッ♪

K380の保証書

箱の中身はキーボードと注意書き、保証書です。

Logicool K380 Logicool K380

外観はほぼ正規の日本語配列をしたコンパクトキーボードのキーの形を丸くしたもの・・・、と言う感じです。

K380

この3つの黄色いキーがEasy-Switchです。ここを3秒長押しすることで接続先の切り替えができます。fnキーとの同時押しでF1~F3キーの入力が行えます。アプリ「Logicool Options」の設定を変更すれば最初からF1などのファンクションキーを入力できるようにすることもできます。

K380の電源スイッチ

電源スイッチは左側面にあります。

K380の単四電池

電池は単四電池2本です。

K380のゴム足

ゴム足です。小さいものより剥がれにくそうで良いです。

動画

動画を撮影しました。

さて、次回はいよいよキーボードをペアリングして接続先を切り替えてみますよぉ~。

機能を省略して小さくなったマルチデバイスBluetoothキーボード、K380の画像や動画でした!

Twitter Facebook LINE はてブ