K380 レビュー

  1. ホーム
  2. K380
K380 レビュー

K380を使ってみました!のでレビューや感想を書きます。接続先デバイスの切り替えができると言うこのマルチデバイスBluetoothキーボード、使い勝手はいかがなものなのでしょうか?

ちなみに製品の画像や動画はこちらで見ることができます。

打鍵

K380のキー配列

パンタグラフを採用したキースイッチの打ち心地は良いです。適度な深さと反発力。音も静かです。

ほぼ正規の日本語配列であるキー配列については、キーの場所を覚えたり慣れたりする必要も無く、気兼ねなく打てます。

丸形のキートップについては、一見するとタイプミスが多くなりそうですが、むしろ打ち間違いは減りました。これは、仮に四角だったら隣接するキーとの隙間がほとんど無いので、指が少しでも横にずれたらタイプミスになりますが、隙間が広い丸だとずれても隙間に指が入るだけ、つまりどのキーも入力されないため、結果的に自分が打ち間違えようとしている、と認識できるからだと思います。

K380のスペースキー

ちょっと気になったことは、まず、スペースキーの端っこを押した時に、入力されないことがある、と言うことです。これは単純にこのキーボードに採用されているパンタグラフスイッチの構造上の問題に過ぎない、のかも?知れませんが・・・。

K380のレビュー

もうひとつは、傾斜がもっと急だったら打ちやすかっただろうなあ、と言うことです。今のままでも悪くはありませんが・・・。

接続先デバイスの切り替え

まず、ペアリングの設定方法を知りたい人はこちらを参照してください。

さて、最大の特長であるEasy-Switchキーを使った接続先デバイスの切り替えですが、登録した後はキーを一瞬押すだけで事足りるので、簡単でとても便利です。

カスタマイズ

F1~F12までのファンクションキーをfnキー同時押ししなくても入力できるように設定できます。また、メディアキーのカスタマイズもできます。Cortanaを割り当てられたりと、自由度は高いと思います。

LogicoolのマルチデバイスBluetoothキーボード、K380のレビューでした!

Twitter Facebook LINE はてブ