VivoStick TS10が無いSDカードスロットを補うおすすめの周辺機器

VivoStick TS10が無いSDカードスロットを補うおすすめの周辺機器

VivoStick TS10にはmicroSDカードスロットが無いのですが、USB-カードリーダーなどの周辺機器を接続することでそれを補うことができます。容量が不足しがちなストレージメモリーを増設する方法も・・・。

VivoStick TS10の弱点

多くの、と言うか今までに出てきたすべてのスティックPCにはmicroSDメモリーカードスロットが有りましたが、VivoStick TS10には無いです。

一方でストレージメモリの容量はと言うと、その他のスティックPCと同程度ではありますが、32GBしかありません。これでは何かを少し保存するだけで記憶領域不足に陥りそうです。

しかし、これらの弱点を補う方法は存在し、しかもそれはとても簡単です。

microSDメモリーカードスロットを補う方法

本体にSDカードスロットが無いなら、増設すればいいのです。スティックPCにUSB-カードリーダーを接続すれば、USBポートをひとつ占有するだけでそれが実現できます。これで、microSDメモリーカードだけでなく、標準の大きさのSDメモリーカード、ほかにCF(コンパクトフラッシュ)なども接続できるようになります。

ちなみにUSB-カードリーダーにはUSB端子が本体から飛び出ていてPCなどの機器に直接挿し込めるものがありますが、スティックPCではそう言ったものより、このRDF9のようなケーブル接続式のものを選んだ方が良いです。テレビ裏のスティックPCのUSBポートにカードリーダーを挿し込み、さらにそれにSDカードを挿し込もうとするのは大変だからです。

容量不足を補う方法

ストレージメモリーの容量が少ないことについても、同じ様に増設すればいいのです。これには二通りの手段があって、まずひとつはUSB-HDD(ハードディスクドライブ)を使うのと、もうひとつは・・・。

NAS(ネットワーク接続ストレージ)機能付きの無線LANルーターのUSBポートにUSB-HDDを接続し、ネットワーク経由でストレージを使う手です。

スティックPCにUSBケーブルで周辺機器を接続すると、ゴチャゴチャしてせっかくの小ささがダメになってしまうので、二通りの手段の内ではこちらがおすすめです。

VivoStick TS10が無いSDカードスロットを補うおすすめの周辺機器でした!

Twitter Facebook LINE はてブ