キーボードPC WP004のベンチマークテスト!性能は?ゲームはできる?

キーボードPC WP004のベンチマークテスト!性能は?ゲームはできる? キーボードPC WP004のベンチマークテストキタ━━(゚∀゚)━━ッ!! 同じCPUのスティックPCより性能が高い? 2Dゲームはいけるけど3Dは無理? YouTubeは問題無く再生できる?

参考までに簡単にいくつかのベンチマークも測定した。1世代前のAtomなので、3Dゲームなどは厳しいが、2Dベースならあまり不自由は感じない程度と言える。

ゲームは2次元のものなら動作するけど、3次元のものはダメなようですね。まあ、もともとゲームをするためのPCではないので、そんなもんだと思いますが・・・。

ということでMoEを起動してみた。カメラを回してみると、ちょっとカクついて少々力不足を感じたのでゲームには向かないだろうが、Youtubeで動画を見る分には特にカクつきもなく充分といえる。

実際に3Dゲームを、それも2005年のMoEと言うショボいやつをプレイしても、視界を動かすだけでカクつくと言う有り様です。

しかし、YouTubeが問題無く再生できるのは良しですね。

さらに小型なスティックPCよりもサイズに余裕があるためか、『GeekBench 3』のマルチコアスコアーが、同じCPUを搭載したスティックPCの1.6倍と、Cherry Trail世代のスティックPCに迫る性能だったのもグッド。

冷却装置が貧弱なスティックPCに比べればキーボードPCのそれはマシなためか、CPUの性能を発揮しやすいようです。しかし、Cherry Trailも3Dゲームは厳しいので、それに迫ったところで大きな差は無いのです・・・。

まあ、この冷却性能の差からもたらされる恩恵は、ゲームだけに限らないので、そう言う点ではスティックPCと比べて大差が有ると言えるでしょう。

キーボードPC WP004のベンチマークテストとゲームの性能でした!

Twitter Facebook LINE はてブ