世界初のBluetooth対応ICレコーダー「LS-P2(OLYMPUS)」

世界初のBluetooth対応ICレコーダー「LS-P2(OLYMPUS)」

ICレコーダーをBluetoothで遠隔操作したいあなた!世界初のBluetooth対応ICレコーダー、LS-P2(OLYMPUS)がおすすめですよ!私もLS-P2を購入しましたので、実物の画像や動画を見ていきましょう。

LS-P2とは?

LS-P2とは、世界初のBluetooth対応ICレコーダーです。製造会社はOLYMPUSです。

このICレコーダーのすごいところは、Bluetooth接続したAndroidデバイスから録音や停止などの操作を遠隔で行えることです。これにより、ICレコーダーに触れることができない遠距離からでも自由な時点で操作することができます。

ちなみにOLYMPUSのICレコーダー製品群の中の位置づけとしては、音楽演奏向けの3機種の中の最下位にあたります。しかし、本体が小さく、Bluetoothに対応していたり、内臓メモリーの容量が上位機種の2倍の8GBだったり、本体で録音データのノーマライズができたりと・・・、単純に機能を削減した廉価品とはなっていません。

特徴をまとめると、 Bluetooth 2.1+EDR 96.0kHz/24bitのハイレゾ録音に対応 3マイクシステム「TRESMIC」で低音域が豊か 音楽演奏向け製品としては小型 本体だけで録音データのノーマライズができる 内臓メモリー容量が8GBと多い 充電可能なスライド式USB端子を内臓 単4ニッケル水素充電池、アルカリ乾電池 こんな感じです。

画像

LS-P2の箱 LS-P2

箱です。

LS-P2の梱包

音楽演奏向けの製品としては安価ですが、梱包はもうちょっとしっかりしていて欲しかったです・・・。

LS-P2の付属品

中身はICレコーダー本体と付属品の充電池、三脚アダプター、そして説明書などです。箱の容積はほとんど説明書のために作られていたようなものですね。

それから、なぜ梱包状態でUSB端子が剥き出しになっているのか疑問です・・・。

LS-P2の充電池 LS-P2

ニッケル水素充電池です。Panasonicのエネループと酷似しています・・・。

LS-P2の三脚アダプター LS-P2

三脚取り付け用の器具です。

LS-P2 LS-P2

ICレコーダー本体です。

LS-P2の電池カバー

背面の電池カバーは半ばつながっていて、完全に取り外すことができません。ここを開けると電池とmicroSDメモリーカードを入れ替えることができますが、頻繁に入れ替えるものではないので、つなげている必要は無いと思います。

LS-P2の電源スイッチ LS-P2のマイク端子とイヤホン端子

側面には電源スイッチやマイク端子、イヤホン端子などがあります。

LS-P2のUSB端子 LS-P2のストラップホール

USB端子を収納させました。この本体底面にはストラップホールもあります。

LS-P2のマイク LS-P2のTRESMIC

3マイクシステム「TRESMIC」です。左右のマイクはその向きを直線で結ぶと直角になるように配置されています。センターマイクはほぼ隠れた状態で、見えませんね。

電源を入れたLS-P2

電源を入れて起動すると、OLYMPUSのロゴが表示された後、このホーム画面に移ります。古臭い見栄えですが、この画面の大きさなら仕方ないですね・・・。

三脚アダプターを取り付けたLS-P2 三脚に取り付けたLS-P2

三脚に取り付けてみました。三脚アダプターの使い勝手はあまり良くないです。やっぱり直付けできた方が簡単です。

動画

動画を撮影しました。

さて、次回はいよいよBluetoothで遠隔操作してみますよぉ~。

世界初のBluetooth対応ICレコーダー、LS-P2の画像や動画でした!

Twitter Facebook LINE はてブ