LS-P2で録音してみた!音質は?レビュー感想!

LS-P2で録音してみた!音質は?レビュー感想!

LS-P2で録音してみました!のでレビューや感想を書きます。世界で初めてBluetoothに対応したこのICレコーダー、音質はいかがなものなのでしょうか?

ちなみに、箱を開封した時の画像などはこちらで見ることができます。

録音音質

昼間に、車道脇の公園のベンチで、車道から10mの距離で車道が左側になるようにICレコーダーを設置して録音しました。自動車の走行音や、スズメやカラスの鳴き声、風の音などが聞こえると思います。録音レベルはすべて「中」です。

ちなみにLS-P2はセンターマイクを使うかどうか切り替えられますので、オンオフそれぞれの設定で録音しました。

これは16bit/48kHzで録音したものです。1つ目がセンターマイクオフで、2つ目がセンターマイクオンです。センターマイクオンにするとICレコーダーを設置した場所と同じところの音量が、低音域を中心に大きくなる感じがします。その分、左右が相対的に小さくなるような・・・。

これらは同じ環境で録音した24bit/96kHzのハイレゾ音源です。

本体だけでノーマライズできて便利

LS-P2のノーマライズ

ノーマライズとは、録音した音源に収録されている音声の音量を調節する機能で、最も大きな音を0dBになるようにしてくれます。その結果、録音レベルが低すぎて小さい音になってしまった音源が、音量的に聴きやすくなります。LS-P2は本体だけでノーマライズができます。

実際にノーマライズしてみました。元の音源はさっきの2つ目のファイル、16bit/48kHzのセンターマイクオンです。録音レベル「中」では少し音が小さいか・・・、と言う感じでしたが、ノーマライズした結果、音量を上げなくても割りとまともに聴けるようになったと感じます。これは便利です。

収納式のUSB端子の向きが合わなくて不便

LS-P2のUSB端子

私が使っているASRockのミニPC、BeeboxのフロントUSBポートと向きが合わず、接続すると裏返しの状態になり、画面も操作ボタンも見えません。これは不便です。

せっかく小型にしているのだから、USBプラグではなくmicroUSBポートにして、さらに本体の大きさを小さくするか、空いたところを三脚用ネジ穴にすれば良いのに・・・、と思います。

三脚に取り付けられて便利

LS-P2の三脚アダプター

ちなみに三脚用ネジ穴はありませんが、アダプターを取り付けるネジ穴はあります。

三脚に取り付けたLS-P2

やっぱり三脚に取り付けられるのは、屋外でも屋内でも便利です。

Bluetoothでスマホから遠隔操作できて便利

Bluetooth接続で録音停止などの操作をスマホから遠隔で行えますが、これは便利です。ただ、今のところは機能性があまり豊かではないのが残念です。

LS-P2で録音してみた音質についてのレビューでした!

Twitter Facebook LINE はてブ