夏に涼をとる方法一覧 —身体を涼しくするならコレ!

  1. ホーム
夏に涼をとる方法一覧 —身体を涼しくするならコレ!

熱い夏に涼をとる方法一覧です。エアコン、扇風機、水浴びなどお馴染みのことから、あなたがまだ知らない、「アレ」までも!?夏に身体を涼しくして体温を下げる方法を番付式で紹介します。

1位 団扇、扇子

エアコンのような近代的で大掛かりな装置は確かに大いなる冷房効果をもたらしますが、それはコンセントのある部屋という限定された空間におけるお話しです。一方でこの原始的な道具なら、部屋の中だろうと外だろうと手軽に涼をとることができます。

団扇、扇子のもうひとつの良いところは、大げさな言い方ですが、冷却効果を制御しやすく、体温を下げすぎる心配が無いことです。エアコンや扇風機などの家電製品は冷却効果は高いがゆえに、動作し続けると体温を下げすぎてしまいかねないため、適切な制御が必要です。しかし団扇、扇子なら扇ぎたいだけ扇げばいいだけなのです。

団扇、扇子の良いところは、自分の体温を下げることだけではありません。あなが他の誰かに扇いであげれば、その人の体の温度を下げてあげられるとともに、心の温度を上げてあげることもできるのです。

2位 エアコン

しかしながら最近の異常気象による猛暑の前では、団扇が無力となる日も少なくありません。そんな日にはやはり、エアコンのクーラーを使うしかないでしょう。この装置のおかげで私たちはカンカン照りの日も蒸し暑い日も、涼しい温度と湿度に調節された部屋で楽に過ごすことができます。

3位 扇風機

エアコンの欠点は、強力であるがゆえに屋外の気温との差が大きくなってしまうことです。この気温差は程度によっては夏風邪の原因にもなります。

そこで役に立つのが扇風機です。室内の空気を吹かせるだけの扇風機なら、身体に当たる風の温度は室温と同じなので、体温を下げすぎる心配は無いでしょう、長時間直接当たらなければ、ですが・・・。

また、扇風機は室内の空気を循環させて温度のムラを無くすサーキュレーターとしても使えます。エアコンで冷やした空気を部屋の中で効率よく循環させるのにも便利です。

4位 水浴び

熱い夏に冷たい水。それを体に浴びれば・・・、ンギモヂィイイイッ!(「気持ち良い」の強い表現)

他の季節では一気に風邪をひきかねないことも、夏だからこそできる・・・、それが、水浴びの気持ち良さを一層強くしています。

まだまだ他にもありますが、今日のところはここまで。続きはまた後日、書きたいと思います。

夏に涼をとる身体を涼しくする方法一覧でした!

Twitter Facebook LINE はてブ