iPhone 7にLightning - 3.5mmヘッドホンジャックアダプタをつなぐと音質が劣化する?

iPhone 7にLightning - 3.5mmヘッドホンジャックアダプタをつなぐと音質が劣化する?

3.5mmステレオミニジャックが廃止されてLightning端子しか無くなったことで、Lightning - 3.5mmヘッドホンジャックアダプタが同梱されることとなったiPhone 7ですが、このアダプターをつないで普通のイヤホンを接続すると、音質はどう変化するのでしょうか?劣化する?実際に確かめてみましょう。

iPhone 6s Plus本体の3.5mmヘッドフォンジャックと、Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタに、EarPods with 3.5 mm Headphone Plugを接続してみた結果を比較してみた。

超低音域から中低音域までの音域は同じだが、中音域から高音域の音域量が10dBほど下がることが確認できる。

200Hz以下の低音域では変化無し 320Hz付近では大幅に上がる 1kHz以上の高音域で下がる 試験に用いた機種はiPhone 6s Plus

iPhone 7ではなくiPhone 6s Plusでのテストになっていますが、ある高さの低音域と高音域で大幅に上がったり下がったりし、1kHzの高音域で満遍なく下がる、という結果になっています。

高さごとの音域量に変化をもたらすことから、音質は劣化する、と言えそうです。

iPhone 7にLightning - 3.5mmヘッドホンジャックアダプタをつなぐと音質が劣化するでした!

Twitter Facebook LINE はてブ