善光寺のドローン落下事件、犯人はあのお騒がせ少年ノエル!?

善光寺のドローン落下事件、犯人はあのお騒がせ少年ノエル!?

長野県の善光寺で御開帳が行われる最中、一機の小型ドローンが僧侶の列に落下しました。このドローン落下事件の犯人が、あのお騒がせ少年ノエルであるらしいのですが、本当なのでしょうか?落下したドローンの機種についても見ていきましょう。

善光寺の御開帳でドローンが落下!?

善光寺にノエルのドローンが落下した

9日午前11時前、長野市の善光寺で御開帳の行事が行われているさなかに飛行中の小型の無人機「ドローン」が境内に落下しました。

ドローンは法要に向かう行列の中にいた僧侶の目の前に落下し、近くには大勢の参拝者もいましたが、けが人はいませんでした。 警察によりますと、およそ1時間後の正午すぎ、横浜市の15歳の少年が善光寺に設けられた臨時の派出所に「操縦を誤って落としてしまった」と名乗り出たということです。

落下したドローンは大きさが30センチほどでカメラが付いていて、少年はドローンで上空から行事を撮影していたということで、警察で状況を詳しく調べています。

ドローンを操縦していたのは横浜の15歳の少年でした。善光寺は長野県にあるのですが、遠くからよく来たものですね。まあ怪我した人がいなくて良かったです。

善光寺に落下したドローン 善光寺の境内に落下したドローンとみられる小型の機体=長野市で2015年5月9日、巽賢司撮影

外見からして落下したドローンはParrot社のBebop Droneっぽいですね。

Parrot Bebop Droneで間違い無さそうです。

犯人はあのノエル?

ちょうど同じ時間、「ノエル」と名乗る10代の少年がドローンを飛ばしていた。「Fly to 御開帳 ドローンで空撮」という番組名で、空から善光寺の御開帳の模様をネット中継していた。しかし放送から11分50秒を過ぎたあたりで突然、空からの映像が途切れた。「ガチでまずい。これ、落下したかもしんねえ」と、少年が戸惑う様子が映し出され、まもなく放送は打ち切られた。

ドローンを操縦していた横浜の15歳少年は、お騒がせ少年「ノエル」だったようです。この件でノエルは善光寺関係者と御開帳行事の観客、ドローン愛好家、警察の4者を敵に回しました。やっぱりお子様ですね・・・。調子に乗りすぎです。場合によってはインターネット配信にも規制が考慮されていたかも知れません。少なくともいずれドローンに何らかの規制が施されるだろうことは間違いないでしょうが、過剰に規制されないと良いですね。

Twitter Facebook LINE はてブ