飛べないドローンでもダメ?有楽町駅のノエル、歩いているのが危ないという理由で保護、ノートPC破壊

飛べないドローンでもダメ?有楽町駅のノエル、歩いているのが危ないという理由で保護、ノートPC破壊

今度は有楽町駅に現れたお騒がせ少年ノエル。その手にはドローン・・・、あれっ、プロペラが無い!?そんな飛べないドローンのカメラで配信していたノエルに、歩いているのが危ないという理由で手を伸ばす警察官、パトカーに連れ込まれ・・・、ノートPCが破壊!?ノエル-ドローン事件、注目の第4弾、その真相に迫ります。

19日午後8時20分ごろ、東京都千代田区のJR有楽町駅前で、少年が小型無人機「ドローン」を所持していると110番があった。警視庁丸の内署員が、ドローンを所持してパソコンを操作していた横浜市の無職少年(15)を保護。自宅に送り届けた。ドローンを飛ばそうとはしていなかったという。

今度は有楽町駅にやってきたノエル。前回と同じく、ドローンを持っていただけで保護されちゃいました。それはさておき、ドローンを飛ばそうとはしていなかった、とはどういうことなのでしょう?

有楽町駅にやってきたノエル。

その手にはドローン。でもプロペラが無い!?

これじゃ撮影しかできません。実質ウェブカメラみたいなもんです。ドローンを飛ばそうとはしていなかったって、こういうことだったんですね。

そんなノエルを取り囲むように群がる警察官たち・・・。

おっと!通せんぼか?

カメラを手でふさぐのはやめてぇ~!

おっとここで!?

ノエル、強制連行(笑) 無理矢理車に押し込まれてます。

そこには恐ろしいおっさんの姿が!!

おっさんの手がノエルに伸びる!?

首をつかまれるノエル。

必死に振りほどこうとするが・・・。

再び襲い掛かるおっさんの手。

ぐわぁあああ!!

ノートPCの液晶画面が破壊された!?

動画はこちらです。プロペラ無しの飛べないドローンすらもダメな社会になってしまったのだとしたら、残念ですね。

Twitter Facebook LINE はてブ