山梨県警のドローン墜落事故は茶番?映像が滑稽すぎて笑えると話題に

山梨県警のドローン墜落事故は茶番?映像が滑稽すぎて笑えると話題に

山梨県警がドローンを使って災害救助の公開訓練をしたのですが、なんとそのドローンがコントロール不能になり墜落!?幸いにして怪我人はいませんでした。しかし、報道機関によって公開された映像に写っていたドローンは、いたって普通に飛行しているようにしか見えず、茶番だと騒がれています。一体どういうことなのでしょうか?実際に映像を見ていきましょう。

山梨県警は31日、小型無人機「ドローン」を、櫛形総合公園(山梨県南アルプス市)で行われる県水防訓練で試験運用する。昨年配備したが、実地訓練で飛ばすのは初めて。今回は土砂災害が起きたとの想定で、埋まった車両を上空から捜す。県警は、こうした訓練を重ね、山岳遭難者の捜索などに役立てたい考え。

管理・運用する県警警備2課によると、配備したドローンは1機で、重さ約4.6キロ。大きさは長さ1.2メートルで、幅1.35メートル、高さ55センチ。高さ250メートルまで上昇し、最長で15分間飛ばすことができる。機体の下部に備えたビデオカメラで360度撮影できるため、崖の下のような、捜索隊が容易に接近できない場所で山岳遭難者の捜索に生かすことを想定している。

山梨県警がドローンの訓練をしますよ~、と。なんかわざとらしいんですよ。私たち報道機関は山梨県警がドローンを飛行させる日程を知っていましたよ~、と、アリバイ工作しているみたいで・・・。

山梨県警のドローンが墜落した事故

さて、そのドローンが墜落したとして、その映像が報道されました。しかし、これが滑稽というか不自然なのです・・・。

山梨県警が災害時の情報収集などのために導入した小型無人機「ドローン」が31日、同県南アルプス市の櫛形総合公園で初めて行った公開飛行訓練で、着陸直前に落下した。

訓練では、離陸後約7分間、最大約30メートルの高さから機体下部に備えたビデオカメラで周囲を撮影。着陸しようとした際にコントロール不能となった。近くの木に引っ掛かって約2メートル下に落下し、プロペラなどが破損した。けが人はいなかった。

ドローンは県警が昨年3月、災害時や山岳遭難で行方不明者の捜索に活用しようと計160万円で導入し、1年2カ月間、整備や訓練を行ってきた

不自然な点を挙げましょう。 着陸直前に落下したとしているが、実際は上昇している。 コントロール不能になったとしているが、その割りには暴れることもなく落ち着いた飛行の仕方をしていた。 2メートル下に落下したとしているが、空中から落下したのではないし、木の高さを表しているにすぎない。 怪我人の有無に言及しているが、高さ2メートルの樹木にひっかかって落ちただけなのだから、そもそも人に当たるはずがない。 今回が初めてとなる実地訓練に至るまでに1年2カ月間も試験飛行を行ってきたのに、なぜここにきてはじめてトラブルが発生したのか。 初めての実地訓練で落下する可能性は想定できていたはずで、そんな失態を撮影されては困るはずなのに、なぜ訓練を公開したのか?

ドローンが操縦不能になり墜落した、怪我人はいない、などと言うものですから、どんな派手な落下の仕方をしたのかと思いました。しかし実際の映像を見ると、とても優しい落下の仕方をしています(笑) これはおそらく、落下事故を自作自演するにしても、160万円もする高価なドローンが本当に損壊してしまったらもったいない、ということで、こんなやわな見せ方にしているのでしょう。着陸直前の地面すれすれの低高度で、さらに木に接触させれば、衝撃はかなりやわらぎますからね。

山梨県警のドローン墜落事故は映像が滑稽すぎて笑える茶番?でした!

Twitter Facebook LINE はてブ